新米社長の独り言をつづっております。
by wood-daiwa


<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

鶴岡経営者の会『7月の勉強会』

7月27日(火)
鶴岡経営者の会
7月の勉強会を開催しました。

何時も当社応接室で行っているのですが
今回は
デイサービス・介護などを
生業とされている
『ひまわり』さんに伺いました。

最近増築をされ
お客様に付加価値を提供し
課客満足・社員満足を提供できる施設にしたそうです。

d0137501_1861317.jpg

これは勉強会の様子ですが

今回はスペシャルゲストに
田村 博 様がお出で下さいました。
地方のこんな集まりにも参加いただけるとは
本当に感謝です。

皆さん元気を頂いて帰りました。

著書はこちら
http://www.tachibana-inc.co.jp/searchresult.jsp?writer_name=%93%63%91%BA%94%8E

写真の中央の方が
田村様ですが
現在70歳

80歳で東大入学がビジョンだそうです。

本当に
自分は まだまだです。
[PR]
by wood-daiwa | 2010-07-29 18:18 | 学び

公共物件と言えば・・・・。

現在このような材料を製材させてもらっています。
炎天下の中これだけの材を振り回すと
それだけで汗が噴出します。

今日の外気温は34℃
d0137501_13435019.jpg


アスファルトの上での作業は
体感温度40℃を超えていると思います。

d0137501_13445224.jpg

撮影時刻は昨日の18:00頃
今日も社員さんは頑張ってくれています。

感謝!ありがとう!
[PR]
by wood-daiwa | 2010-07-22 13:47 | 製材部

大島修治さん!『人生逃げたらあかん』

昨日は仙台にて
悪友(研修仲間)とともに
大島修治さん:『人生逃げたらあかん』の著者
の講話を聴いてまいりました。

d0137501_12123333.jpg


若い時分にご苦労され
仕事で成功し
ある日暴漢にガソリンを浴びせられ、
全身火だるまになった大島さんが
心身の壮絶な闘いのなかでつかんだ
人生の真実!

d0137501_1213837.jpg

これは『喜』と言う字にみえますが
『ありがとう』とひらがなで書いてあるのです。

喜びを与える言葉それが『ありがとう』なのです。

d0137501_12153861.jpg

瀕死の重傷から
家族の大きな愛に包まれて生還された
大島さんは
ココからを第二の誕生日とし
『お元気様』の伝道師として
日々日本全国を講演されています。

大島さん曰く
今は
自分に火傷を負わせた暴漢にたいしても
『ありがとう』と
感謝の念をもっておられます。

ありがとう・・・・・・。
そういえば
最近
私自身 感謝力不足を感じます!

いかんっ!

ありがと~っ!
[PR]
by wood-daiwa | 2010-07-21 12:31 | 学び

乾燥設備視察!

少し前ですが
7月14日(水)に秋田は角館まで
乾燥設備の視察に行ってまいりました。

杉の平角(梁・桁等)の乾燥を完成させた
近県の工場ということでの視察です。
※今更のようですが、杉の木の機械乾燥は本当に難しいのです。

d0137501_15521949.jpg

こちらは乾燥機から上がった製品を
仕上げ加工するラインです。
総勢26名での視察です。

d0137501_15533552.jpg

乾燥機本体の外観とその内部です。
こちらの乾燥機の特徴は電子レンジ式←平たく言えばですが・・・・・。
材料の間に電極版を入れて電子の力で木材内部から乾燥させることにより
木材の割れを防ぐというものです。

この割れずに乾燥させると言うことが本当に
杉の場合は難しいのです。

d0137501_1557048.jpg

で、こちらが乾燥機から上がった木材です。
なんか、少し燻したというか、色あせた感じがしますよね。

先ほど乾燥機の内部の写真で庫内が真っ黒だったのを
視て頂きました。これは木の成分が抜け出て高温で焼きついた物が付着した為です。

要するに木の持つ様々なものが抜け出たのですね。
良し悪しは別として
市場のニーズは乾燥木材!

スピードと木材の工業製品化(均一な品質)
当然こういった商品は誰が使っても
略同じ性能が期待できる。
こういったものが強く求められているのが
今の住宅業界なのです。


今度は天然乾燥そしてそれに準ずる新たな乾燥で
作られた商品を紹介します。
色と艶、そして匂いと粘りが違います。
[PR]
by wood-daiwa | 2010-07-17 16:07 | 製材部

鶴岡市内 I邸 現場

市内にあるI邸という現場です。
新築木造住宅としては
最近では比較的大きい物件です。

地元建築士事務所の設計で
やはり地元建設会社の施工です。
d0137501_1595098.jpg

小中学校も近く恵まれた環境にあります。
住宅としてのグレードも高いですね。

d0137501_15122986.jpg

こちらは屋根のUP
何か白い物が敷いてあるのにお気づきでしょうか?

d0137501_15142849.jpg

そうです!この建物は
外断熱工法なのです。

当社も以前この工法で
住宅を建てていました。
[PR]
by wood-daiwa | 2010-07-13 15:17 | 製材部

水戸まで視察

昨年来より導入を検討している
薪ストーブ!そこの本店を視察してきました。

d0137501_154951.jpg

こちらがそのお店!

d0137501_155021.jpg

アプローチには薪のストックが沢山!
こういった物も見せる工夫が大切です。

d0137501_1561170.jpg

グッズも沢山
薪ストーブ生活のイメージが膨らみます!

ここで、薪ストーブは生活を豊かに演出するツールであり
日常生活で様々なシーンで活きてくる万能な【道具:ツール】です。
それだけに安全でなくてはなりません。

私は楽しい豊かな生活は安全の上に成り立っていると考えます。
イメージや雰囲気先行ではある意味危険な商品でもあります。

それだけに導入には真剣なのです。
[PR]
by wood-daiwa | 2010-07-09 15:13 | 環 境

にこふる!2

にこふるの場所とご案内
d0137501_11223486.jpg

当社もイベントや
各種会議で利用したいと思う
施設でした。
[PR]
by wood-daiwa | 2010-07-09 11:23

にこふる!

7月6日にちょっとした会議があり
昨年から当社が工事に関わっていた
「にこふる」鶴岡市健康保健管理センターに
いってまいりました。

d0137501_1102068.jpg

外部には鶴岡・田川産の地杉ラミナ材を使った
集成材のルーバーが100本以上
サイズは10m×150mm×30mm!
デカイです!
金物の取り付けは場所が必要なので
当社にて行いました。

d0137501_1155596.jpg

こちらは階段室吹き抜け部分の
壁面化粧羽目板です。

ブロック状に厚みの違う板を3フロア吹き抜けで
貼ってあります。これを施工した大工さんは苦労されていました。
腕の確かな大工さんです。

d0137501_1182644.jpg

これは天井ルーバー材
こちらも準不燃加工したものを
1F天井ホール・廊下周りに施工されています。
これの納材は本当に大変でした。まず、材料の手配が出来ない。
これだけの数量の化粧材は中々出てきません。

工場内の在庫が一気に減りました。
[PR]
by wood-daiwa | 2010-07-09 11:20 | 製材部

今日は建築士会:女性部会!?

皆さんこんにちは

今日は建築士会:女性部会!?
の研修で当社訪問及び研修会が行われました。
地元建築士!しかも女性ということでしたが
皆さんエネルギーに満ち溢れていました。

好奇心旺盛で製材機械の見学では
身を乗り出して見ていました。

d0137501_17162381.jpg

危ないのであまりのり出して欲しくないのですが・・・・・・

d0137501_17173657.jpg

高いところもなんのその!

d0137501_17181421.jpg

本当に皆さん熱心です!

10時から1時半位まで
暑い中お元気様!でした。


男性の皆さんは負けていられませんね.
暑さに負けずに頑張って行きましょう!




では
【松下幸之助翁が語る日々の言葉】です。

『生きる知恵:仕事のヒント』

七月の言葉

『 権利と責任 』
自分の権利や要求を主張するのもいいが、それ以上に自分の責任を追及することがなければならない。

『緊張感』
みずからムチ打ち、他からムチうってもらって、人も会社も成長する。叱ってくれる人を求めたい。

『 言うべきを言う 』
礼儀を失わず相手を尊重した誠意に立った上でならば、言うべきことをハッキリ言うことが大切である。

『競争相手』
経営者は、競争相手の会社や経営者の動きなり考え方が手に取るように察知できなくてはならない。

『 成功と失敗 』
成功した人は、普通の人ならその困難に打ち負かされるところを、反対に喜び勇んで体当たりしている。

『販売の条件』
上手な商品説明の基本は、お客様のために、という誠心誠意の態度と熱意である。

『 願い 』
願いをもって周囲を見まわせば、その願いの大小によってそれなりの新しい発見が必ず生まれる。

『会社の盛衰』
会社を大きくするか小さくするかは、経営者が決めることでも会社が決めることでもない。
社会が決めてくれるのである。

『 自己観照 』
事志に反することの原因は、その大半が素直な心で自己観照できないところにある場合が多い。

『 商売とは 』
商売というものは単なる売り買いでなく懸命な奉仕であり、そこに良き心が通いあわなければならない。
[PR]
by wood-daiwa | 2010-07-03 17:22 | 製材部